· 

第1話 実家が空き家になった!父母のラブレター

【第1話のあらすじ」

「淀江プロジェクト」第1話・・・この物語の中心人物 洋子の父が亡くなり、実家が空き家となる。結婚する前の父母のラブレターを発見し、いろんな思い出を振り返る姉弟。これから発生する相続問題、空き家問題はどうするのか、どうなるのか、まだ見当もつかない中で、淀江プロジェクトに繋がる微かな予兆が動き始める。


父が亡くなり、実家が空き家になる

2017年9月23日、この物語の中心人物 洋子の父 茂が帰らぬ人となった。享年89歳。洋子の母 景子が2009年2月24日に享年76歳でこの世を去ってから約8年半余り、「お母さんが居なくて寂しい・・・」と言い続けていた父は、愛する母のもとへと旅立っていった。

 

洋子は鳥取県米子市で生まれ、18歳で実家を離れ、4年間の山口生活を経て、就職で大阪へ。以来、ずっと大阪で暮らしてきた。

洋子の二つ下の弟 衆 も19歳で実家を離れ、4年間の福岡生活を経て商社マンとなり、東京・横浜・パース(オーストラリア)・ロンドン(イギリス)・武漢(中国)・名古屋など、転勤しながら各地に居住していた。

 

独り暮らしだった父が亡くなり、洋子の実家は空き家となった。