· 

第15話 デンマーク人ヤコブの淀江体験(もりさと&ゆってぃ)

前話 第14話 「ここはどこ?ミッチーの南インド料理三昧」のあらすじ

「淀江プロジェクト」第14話・・・2018年の年の瀬クリスマスイブの前日に第1弾がスタートした「淀江プロジェクト」。2019年1月下旬に第2弾、2019年3月下旬に第3弾を実施して、片付けから解体へとフェーズが進んでいった。その2か月後の2019年5月24日~26日の2泊3日で、淀江プロジェクト第4弾を実施。今回は料理人ミッチーさんにも同行してもらい、南インド料理三昧の食事を地元のメンバーや飛び入り参加の方々と味わいながら、解体作業が進んでいく。屋根裏の天井はどこまで残すか?喧々諤々の議論の末・・・。

第14話  Yodoe Project Story  第16話


【第15話 デンマーク人ヤコブの淀江体験(もりさと&ゆってぃ) のあらすじ】

「淀江プロジェクト」第15話・・・2018年の7月 洋子は会社のスタッフと一緒に北欧4か国を旅した。デンマークでは「ヒュッゲ(Hygge)体験」がしたくて、首都のコペンハーゲン大学に勤務しておられた女性に頼んで、日本好きのコペンハーゲン大学の大学院生ヤコブさんの郊外のご自宅を訪問し、「ヒュッゲ(Hygge)体験」をさせてもらう。そしてその翌年の夏、今度はヤコブさんが日本にやってきた。日本のあちこちを旅するヤコブさんと洋子は、大阪から車で淀江に向かい、地元の若い子たちとも交流をしてもらった。楽しい時間を過ごした洋子が思い描いた未来は・・・。

デンマーク人ヤコブとの出逢い

 時は遡り、淀江プロジェクトをまだ始める前の2018年7月 洋子は会社のスタッフと一緒に、ノルウェー → スウェーデン → デンマーク →フィンランドの北欧4か国を駆け足で旅した。その当時新しいライフスタイルとして欧米でデンマークの「 ヒュッゲ(Hygge)」が注目されていることを「幸せってなんだっけ? 世界一幸福な国での「ヒュッゲ」な1年」という書物などで知り、北欧の暮らしや時間の使い方に改めて興味を持った洋子は、デンマークに行って「ヒュッゲ(Hygge)」を体感することを第一目的に、北欧の生活や教育に触れる、ムンクの「叫び」を見る、北欧4ヶ国を巡る、Finairに乗る、いろんな乗り物に乗るというテーマで7日間の行程を組んだ。

 デンマークでは、その当時、デンマーク人と結婚されてコペンハーゲン大学で研究職に就いておられた海野歩未さんにコーディネートしていただき、日本好きのコペンハーゲン大学の大学院生ヤコブ(Jacob Jørgensen)さんの郊外のご自宅を訪問し、とても貴重な「ヒュッゲ(Hygge)体験」をさせてもらった。 


ヤコブがデンマークから日本にやって来た!

 そしてその1年後の2019年6月、デンマークでお世話になったヤコブさんが日本にやって来た。彼にとっては2度目の来日で、数日間、京都や大阪に滞在して京阪神を巡った後、洋子と大阪から車で淀江へ向かい、洋子お得意の弾丸詰込みツアーに連れ回すこととなった。

 まずは天気の良いうちに、鳥取県中部の「三徳山三佛寺」へ向かい、日本一危険な国宝と称されている「投入堂」の参拝登山に二人でチャレンジ。その後、淀江プロジェクトにメインで関わってくれている翔太郎さんが運営する「喫茶ミラクル(鳥取市浜村)」や鳥取砂丘・砂の美術館などに立ち寄り、淀江の実家へと向かった。

 日本好きのヤコブさんは、日本の歴史・武士道などに興味があり、大学院卒業後は高校の社会の先生になりたい・・・という希望があり、車中では、日本やデンマークの歴史や現代の働き方や暮らし方、エネルギー政策についてなど、話が弾んだ。 


住宅地を起点にした体験と交流

  2日目は、近隣散策。日吉神社~天の真名井~むきばんだ遺跡 (銅鐸作り・火おこし)~足立美術館を一緒に回った。むきばんだ遺跡のボランティアガイドさんに「外国人の若い男の子と二人でいろんな所に行けて羨ましいです!」と言われて、貴重な体験をさせてもらっていることに改めて気づいた。

 夕方からは、淀江プロジェクトに関わってくれている、もりさと(森田 悟史)さんとゆってぃ(河津優平)さんが他の仲間を呼んでくれて、二人が釣った魚やヤコブさんと一緒に収穫してきた地元野菜を使って皆でワイワイクッキング。交流お食事会を行った。

 おにぎりくん(小橋俊哉)さんが握ってくれた塩むすびをヤコブさんはとても気に入り、その日の夜は笑い声が響き、遅くまで盛り上がった。地元の若手と交流してもらえたことをとても有意義に感じ、ゲストハウスではこんな交流をやっていきたい・・・と未来を描けた瞬間だった。

 3日目は、ヤコブさん一人でJRレイルパスを使った 淀江→出雲大社→松江城→淀江の旅。4日目は、メイちゃん農場に寄ってから淀江を車で出発し、途中、植田正治写真美術館→大山 (麓)に立ち寄って、大阪に戻った。その夜は、洋子の事務所で、ヤコブさんを囲んでデンマーク探究を行い、弾丸ツアーは終了した。

 とんかつやラーメンが大好きで、刺身は苦手、温泉を愛し、日本の歴史や精神性に興味を持ってくれているヤコブくんに泊まってもらっての今津田中家を起点とした体験と交流は、洋子が若い頃、ロンドンにホームステイして、奥さんや娘さんに、同じくホームステイしていた南イエメンのアブドルくんも一緒にいろんな所に連れて行ってもらったこと、奥さんにキャリーを借りて船に乗って大陸の国々を旅してとても有意義な時間を過ごせたことなどを思い出させてくれた。住宅地の中にあるこの建物を起点にして、今度は自分がそんな手助けをしたい・・・そう強く思える出来事となった。



次回 第16話「庭で山本さんのBBQ、あつこがやって来た!」のあらすじ

「淀江プロジェクト」第16話・・・2018年の年の瀬クリスマスイブの前日に第1弾がスタートした「淀江プロジェクト」。2019年1月下旬に第2弾、2019年3月下旬に第3弾、2019年5月に第4弾を実施して、片付けから解体へとフェーズが進んでいった。その2か月後の2019年7月1日~7日の1週間で、淀江プロジェクト第5弾を実施。今回はメンバーに先に入ってもらい、仕事の都合で洋子は途中の4日から参戦。BBQマスターの山本さんにも来てもらって、地元の人も交えてダイナミックなBBQを実施。そのBBQも終わりに差し掛かった頃、岡山からあつこがやって来た!その日を境にちょくちょく顔を出すことになった彼女とは一体・・・?

第14話  Yodoe Project Story  第16話